社員教育は企業の課題|効率よく優秀な人材を育てよう

新入社員研修

笑顔の女性

新人が企業で働けるように新入社員研修を行なうとき、自社内に専用の施設がない場合は外部の機関に依頼すると良いでしょう。合宿施設で数日かけて社会人としてのマナーや仕事の進め方などを身につけていきます。

もっと見る

快適な団体旅行にする

スーツの婦人

社員旅行などでバスを貸し切り利用する際は、できるだけ早めに予約をして利用しましょう。行楽シーズンなどは混雑が予想されるので慌ててしまいます。余裕を持って利用をすることで、快適な旅行を行なうことができます。

もっと見る

ネットを使った研修

男女

会社では日々様々な情報が更新されるので、働いている社員に対して教育をしなければいけません。普通、社員教育をする場合は合宿を行なったり、研修のための時間を別でとったりと手間がかかってしまいます。研修のために時間をとっているとその分業務も遅くなるので、企業にとっても不利益になる可能性があります。そこで、効率よく社員教育をするためにネットを利用した研修システムを導入しましょう。それぞれの社員のパソコンがネットに繋がっていれば、システムの教育内容を簡単に共有することができ、時間があるときに自分の席で必要な情報を知ることができます。研修コースも充実していて、内定者や新入社員向け、中堅社員や管理職向けのコースなどが用意されています。社員の受講状況もポータルシステムによってひと目で確認できるので、オリジナルのアンケートやテストなどを実施して、結果を集計することも可能になっています。

社員教育システムを導入するときは、ネットを使って申し込むと簡単に手続きが完了します。提示されている規約や料金表を事前に確認しておいて、入会申込書に情報を記入していきます。入会申込書はネットからダウンロードできます。システムに登録したことを確認した後は、申し込んだ企業にIDとパスワードを通知するので、それを使ってシステムの利用を開始します。しかし、いくら便利なシステムでも使用前には不安があるはずなので、まずは資料請求や無料お試しを利用すると良いでしょう。事前に製品の情報を得たり、操作方法を知っておけば導入後も問題なく社員に共有できるでしょう。

リーダーを育てる

笑顔の男性

管理職研修では企業の経営理念を理解し、部下と一緒に目標達成に向けて貢献できる人材を育成します。依頼する研修会社を探すときは、複数の研修会社のセミナーや合宿などを見比べながら決めるとよいでしょう。

もっと見る